グラフィック・シェイクスピア・コンペティション応募要項

このエントリーをはてなブックマークに追加

第2回グラフィック・シェイクスピア・コンペティション作品募集のお知らせ

第1回グラフィック・シェイクスピア・コンペティションは、シェイクスピア死後400年を記念して開催されました。イギリス・ドイツ・ロシア・アメリカ・スウェーデン・台湾・日本など、世界中からプロを含む多くのアーティストが参加し、100作品を超える応募がありました。その一部はグラフィックシェイクスピアコンペティション公式タンブラーページでご覧になれます。
この催しは、その後大きな広がりを見せ、今回第2回のコンペティションが開かれることになりました。
ご興味のある方は奮ってご参加下さい。

▲第1回の授賞式はデンマークの都市ヘルシンゲルにあるクロンボー城で行なわれました(写真はヘルシンゲルの街並みです)。クロンボー城(エルシノア城)はシェイクスピアの代表作『ハムレット』の舞台のモデルになったお城で、世界遺産に指定されています。

応募締め切り 

2017年12月31日

開催スケジュール

1. 2017年12月31日:作品投稿締め切り
2. 結果発表:2018年2月上旬予定
3. 2018年5月28日:アジアシェイクスピア協会第3回国際学会にて授賞式(フィリピン、マニラ)

概要


ご自身で、題材とするシェイクスピア作品をお選びいただき、作品を制作してください。
言語は、シェイクピアのオリジナルの英語でも、現代英語版でも、英語以外のどの言語でも結構です(この場合、英語で簡単な内容説明をしてください)。絵だけで物語がわかる作品であれば、言語抜きでも結構です。
表現スタイルは、絵を用いるものであるかぎり、自由です(グラフィック・ノヴェル、アメリカン・コミックス、漫画、4コマ作品、バンデシネ、イラストレーション、絵本など)
白黒でも、カラーでも、どちらの作品でも構いません。。

ページ数

8ページ以内の短編とします。

作品のサイズと提出方法

A4サイズです。デジタルで提出してください。
最初からデジタルで創作したものでも、紙で創作したものを電子化したものでも結構です。
ファイル形式はjpgあるいはpdf
300dpi (1ページ(A4) 1748px × 2480 px、
2ページ見開き(A3)3496px×2480).
事前登録制なので参加希望の方は、
graphicshakespearecompetition@gmail.comまでご連絡ください。さらなる詳細をお知らせします。

審査基準

芸術性の高さ
絵を用いて物語を語る力
物語性・感情への訴求力など、創作物としての魅力

審査員

以下の方々を含む、著名なコミックス/漫画の専門家を予定。
Paul Gravett
Paolo Fabregas
椎名ゆかり

応募資格

プロのアーティストから初心者まで、年齢・経験に関係なくご参加いただけます。

賞品

受賞者には、トロフィー・賞品を授与予定。

授賞式

2018年3月28日:アジアシェイクスピア協会第3回国際学会にて主要作品の授賞式(フィリピン、マニラ) を行います。また、その会場で展示も行います。詳細は後日発表します。

作品の権利

応募作品の権利は作者に帰属します。
ただし、グラフィック・シェイクスピア・コンペティションの広報・展示・撮影に使用することがありますので、それに同意して応募してください。
応募作品はグラフィック・シェイクスピア・コンペティション関連イヴェントで展示されたり、インターネットサイト上に掲載されることがあります。翻案に当たっては著作権法に従って、過去の著作の権利に十分に配慮して下さい。

お問い合わせ先

コンペティション世話人 吉原ゆかり(筑波大学) graphicshakespearecompetition@gmail.com

前大会受賞作品

Group 1 Winner(グループ1賞)

“Macbeth: Act 1, Scene 1 “『マクベス』第1幕 第1場
Karryn Briggs(キャスリン・ブリッグス)
公式サイト

Group 2 Winner(グループ2賞)

“Park Witches “『公園の魔女たち』
Letty wilson(レッティ・ウイルソン)
公式サイト

Runner Up the Next(審査員特別賞)

“The Merchant of Venice “『新解 ヴェニスの商人』
Sanpo Yokoi(横井三歩)
公式サイト